【とっても役立つ!自己PRの書き方】

【自己PRとは】

職務経歴書では伝えにくい「自分の強みを応募先にどう貢献できるか」をアピールする項目です。
一般的に、応募先が重視している内容は以下のとおりです。

  • 強みと企業の要望が合致しているかどうか?
  • その強みの根拠が明確かどうか?
  • 入社後の再現性があるかどうか?
  • 具体例に説得力があるかどうか?

自己PRをしっかり自分のものにしていると、面接でも役立つケースも少なくありません。
下記をよく読んで、しっかり完成させましょう。

【自己PR作成】

自己PRは、以下の5つのポイントを参考に作成していきましょう。

  1. あなたのこれまでの職歴や経験は?「経歴の棚卸し」
  2. 応募先は応募者に何を望んでいるのでしょう?「応募先のニーズをイメージしましょう」
  3. 応募先のニーズに、あなたはどう貢献できる?「経歴と、応募先ニーズを紐づけよう」
  4. あなたのPRポイントは?「自己PRをまとめましょう」
  5. 間違いがないか?しっかりと「最終チェック」

【ポイント① 経歴の棚卸し】

自己PRを作成するにあたり、まずは「項目を洗い出す事」が必要です。そこで、これまでの経歴の棚卸しを行いましょう。
ここでは、時系列で具体的に書き出しましょう。ポイントは、思いつく限り書くことです。

※時系列で書き出しているイメージ画像

【ポイント② 応募先のニーズをイメージしましょう】

忘れがちなのが「応募先のニーズをイメージすること」です。
自己PRするポイントが、応募先とズレてしまっている場合が見受けられます。
そこで、応募先求人情報から「仕事内容」「募集背景」「求める人柄」を見て、「応募先で自分はどのような事ができる人物か」を書き出しましょう。

【ポイント③ 経歴と、応募先ニーズを紐づけよう】

これまで書き出した項目を並べて紐づけましょう。
経歴と応募先ニーズの共通する部分を、書き出して考えることで視覚的にも整理されます。

【ポイント④ 自己PRをまとめましょう】

これまで洗い出した内容を踏まえ、以下の3つのポイントを押さえながら作成しましょう。

(自己PRをさらに充実させる3つのポイント)

  1. 応募先で生かせる強み
  2. 具体的な行動
  3. 強みを生かした成果

【ポイント⑤ 最終チェック】

完成した自己PRを一度しっかり読み直し、おかしい部分がないか、誤字脱字がないかなどしっかりと確認しましょう。

(チェックポイント)

  1. 誤字脱字がないか。自分の言葉になっているか。音読すると気づきやすい。
  2. 履歴書に自己PR欄がない場合は、職務経歴書に記載する。
  3. 応募先が求めている人物像とズレがないか。
  4. 内容が象徴的ではないか。理想は、場面が映像で思い浮かべられる内容。