一から分かる!履歴書の書き方解説

選考の第一関門である書類選考。必要な書類は履歴書と職務経歴書です。
ここでは、履歴書について、「学歴・職歴」や「志望動機」など、各項目別に基本的な書き方とマナーを解説します。
履歴書作成のツボを押さえて、書類選考通過を目指しましょう!

履歴書を書くにあたって

どんなにすばらしい経歴を持っていても、履歴書が雑だったら、台無しです。
人事担当者は、まず履歴書の限られた情報からのみ、あなたの熱意や人柄を探っています。
写真、書き方、文字、内容などが、意欲の高さやあなたの人柄をあらわす判断材料となっているのです。

年月日

履歴書には必ず提出日(郵送または持参する当日の日付)を記入します。
西暦or和暦はどちらでも構いませんが、全ての年月日をどちらかに統一するのがマナーです。
履歴書に古い日付を記載してはいけません。

氏名・ふりがな

ふりがなは、履歴書のフォーマットに記載されている表記に統一しましょう。
「ふりがな」と平仮名で記載されている場合は平仮名で、「フリガナ」とカタカナで記載されている場合はカタカナで書きます。

証明写真

3カ月以内に撮った写真を貼りましょう。
写真は人事担当者の第一印象に大きな影響を与えます。
ビジネスにふさわしい服装で、礼儀正しく、明るい表情の写真が望ましいです。
また、スピード写真はやや雑な印象を与えてしまいます。原則、写真店で撮影したものを使いましょう。
写真を貼る際は、曲がったり、一部がはがれていたりするのはNGです。まっすぐにしっかりと貼り付けましょう。

連絡先欄

面接の日程や採用の連絡など、連絡が取れなくては、せっかくのチャンスも逃してしまいかねません。
連絡の取りやすい連絡先を明記するようにしましょう。
メールアドレスも記載しておくと良いでしょう。

学歴欄

高校から記入していきましょう。高等学校、専門学校、短期大学、高等専門学校、大学などは、入学年次と卒業年次を併記するとともに、学部、学科まで明記しましょう。

職歴欄

職歴は中途採用において最も重視される項目です。職歴は入社・退社歴をもれなく記入しましょう。
職務経歴書を別途作成するケースも多いので、履歴書には簡潔な事実記載で構いません。

免許・資格欄

資格はまず、仕事に活かせるものを記載します。
その上で、仕事に関連がなくとも、自己PRにつながるものがあれば記載しましょう。
自動車免許は仕事に必要がなくとも、保有しているのであれば忘れずに。
勉強中の免許・資格は、取得予定時期を明記しましょう。

志望動機欄

志望動機は応募先に対して、意欲と熱意を伝えるための項目です。
志望動機を書くには、応募先の情報をよく把握し、ポイントを絞って書きましょう。
「選んだ理由」「活かせる経験・スキル」「入社後に実現したいこと」を簡潔にまとめましょう。 →志望動機の書き方へ

自己PR欄

応募先に対しての意欲や自身の強み、これまでに得た経験や知識などをしっかりとアピールしましょう。 →自己PRの書き方へ

趣味・特技欄

仕事に役立つ趣味・特技ならBESTです。
それ以外でも、面接担当者と話が弾むような趣味や特技を持っている場合はぜひ記入しましょう。

通勤時間欄

片道の所要時間を5分単位で書きましょう。
徒歩含め、通勤時間欄には自宅から会社までの最速時間を記載します。

本人希望欄

応募する求人に勤務地が複数ある場合、企業がいくつかの職種で募集していた場合は、希望している勤務地や職種を記載します。
また、どうしても譲れない条件がある場合は、その内容を記載します。
特にない場合は「貴社の規定に従います」と記載しましょう。

基本マナーとルール

1)書き間違えた場合は、修正液や二重線などを使わず新しい履歴書に書き直しましょう。
誤字脱字にも気をつけて、ミスのない履歴書を目指しましょう。

2)日付、誕生生年月日、学歴・職歴、資格欄など、年号は統一しましょう。
統一されていれば、西暦・和暦、どちらでもOKです。
職務経歴書も一緒に提出する場合は、履歴書と職務経歴書の年号も揃えましょう。

3)書き終えたら、最後に誤字・脱字、記載漏れ・間違いがないかを必ず見直しをしましょう。
資格欄など、どうしても書くことがない場合は「特になし」と記載をしましょう。

4)履歴書の使いまわしは厳禁です。
志望動機や自己PRなど、応募先に合わせた内容を記載しましょう。